読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

活字嫌いの私が、作家加藤シゲアキに恋した話。

かとうさん。
「俺、伊坂幸太郎の小説が好きやねんなあ。」と当時好きだった男の子が言った。イサカコウタロウ?聞いたことあるような無いような…「ちょうど新しい小説読みたいなと思っててん。伊坂幸太郎読んでみようかな。」私はちょっと嘘をついた。小説なんてほとんど読まない。

 好きな人に好かれたいという不純な動機で活字嫌いの私が小説を読み始めた。タイトルに惹かれ手に取った「死神の精度」という小説は、思いの外面白かった。読み終わるまで恐ろしく時間がかかったが、最初から最後まで読破した数少ない小説の一つになった。

そんな、活字嫌い…というより文章消化速度の遅い私が「ピンクとグレー」を片手にレジへ向かい、そして加藤シゲアキさんへ抱き始めた感情が「恋とか愛とかの類い」だと確信した経緯を話したいと思う。


2015年10月16日(金)

この日が全ての始まりだった。毎週金曜日は一限から授業があるが、この日はたまたま休講だった。なんとなくテレビの電源を付けて、ぼーっと画面を眺めていると加藤シゲアキくんの「体感!ビビットカルチャー」というコーナーが始まった。

加藤くんって美味しそうに食べ物食べはるんやなあ。毎週こう言う番組に出てるところを見れる加藤くんのファンの方が羨ましい。なんて思いながら画面を眺めていた。後に、自分がシゲアキさんのファンになるなんて一ミリも思っていなかった。

しかし、ほんの10分15分のこのコーナーによって静かに、それでいて確かに彼に心を掴まれてしまったのだ。この番組を見ていなければ、まだ彼の魅力に気付かずに生活していたと思う。

この日以来毎週金曜日は、家に帰ってきて録画したビビットカルチャーを観るのが日課になった。NEWSが出る番組をチェックする訳でもなく、しばらくは水面下で加藤くんの事を愛でていた。しかし、師走も半ばに入り年末の音楽番組ラッシュでアイドルしている彼を見て発作が起きるようになっていた。




ピンクとグレー

Hey!Say!JUMPの伊野尾くんの応援をしているのもあって、メンバーの中島裕翔くん主演映画の原作者であるシゲアキさんの映画関係の話は、自然と耳に挟むようになっていた。ピンクとグレーの番宣が活発になる頃、小説家としての彼の事も気になって仕方なくなっていた。



とある方のツイートを読んだのがきっかけで、映画公開後に読む予定だった「ピンクとグレー」を買いに書店へ駆け込んだ。文庫本ではなく、わざわざ分厚い単行本を片手にレジへ向かった。そして、あの私がまた本を読み始めたのである。今度は、好きな人に薦められたのではない。作者の加藤シゲアキさんを知りという気持ちが私を動かしたのだ。(といいつつ、壊滅的に本を読むのが遅いのでまだ読破できていないことをお許しください…)




Kラジとシゲ部とクラウド

なにが、好きを加速させたのかというとビビットは勿論のこと、Kラジとシゲ部とクラウドだった。建築学生である私は、設計課題をする為ひたすら学内に引きこもり作業をする。そのお供に最適なのがラジオで、提出期限直前にはひたすらKラジとシゲ部のバックナンバーを、聴き漁った。もちろん、コヤシゲが大好きになった。シゲ部で、好きなものを語るとき熱が入ってたくさん喋っちゃうところも大好きになった。邦楽ロックを高校時代に聴いていた私にとって、彼の音楽の話は好きを加速させる要素の一つとなった。


恋スル乙女期

この時期のツイートは、本当にどうかしてました。ときめきが溢れかえってお花畑ツイート連発。



……………情緒不安定なコイスルオトメか!!!同じ日のつぶやきでこんなに気持ちの変化があるものなのか?!時空ゆがんでない?大丈夫?と我ながら思う。ただどうしようもなく、胸が苦しかった。年明け頃、連日加藤シゲアキに心掻き乱されていた。どうしよう…目が離せない…誰か私を止めて…」というのが口癖になっていた。そんなこと言ってる時点で、もう後戻りできないところまで来ちゃってるって話なんですが。この頃から、フォロワーさんに度々「最近キラキラしてるね!」「幸せそうだね」なんて言われるようになっていた。私より周りの人の方がよっぽど、私の真の気持ちに気付いていたみたいですね。



やっぱり、好きだ。

そして、うじうじしていた私の背中を押したのは「ツアー発表」だった。(伊野尾くんの時もこのパターン)FCに入ってすらいないのに、いつ行こうかチケットが当たるのか心配している自分がいた。これはもう、彼に恋に落ちたと、認めるしかなかった。だってコンサート行きたいもん(笑)私は、とうとう加藤シゲアキに降参した。どうしようもなく好きで、何が何でも会いに行きたいと思った。


遠まわしな表現ではあるが、これが意地っ張りな私の降参宣言だった。深い深いシゲアキ海溝の底でジタバタしていた私は、意地を張るのを案外すんなりとやめて、彼に釣られる決心を固めた。

加藤シゲアキの生簀に入ってからは、本当に快適な生活をしている。彼は釣った魚に餌をちゃんと与えてくれる。ジャニーズwebで連載中の「シゲアキのクラウド」、少し憂鬱な日曜日の夜を甘い時間にしてくれるラジオ「シゲ部」、これらは私にとってとても大切な場所になった。色んな媒体を介して、彼はファンの知りたいことを教えてくれる。


実は1年ほど前から、社会人になり稼ぎが増えたら担当がいなくてもNEWSのFCに入ろうと心に決めていたのだ。なんとなく、そのうち小山くんにハマるんじゃないかなと思っていたことと、NEWSの現場は間違いなく最高だ感じていたから。それが、まさか迷わずシゲアキさんのうちわを持ってコンサートに行く日が来るとは思わなかった。しかもこんなに早く!


とまあ…そんなこんなで、2016年1月からNEWS加藤シゲアキさんのファンをはじめました!時間は掛かるけど、必ずあなたの作品たちを読むから待っててね!どうしようもないへっぽこなファンですが、宜しくお願いします!



シゲアキさん大好きですーーーーーっ!!!!






いよいよ、変ラボ初回ですね!おめでとうございます。いつか全国で放送され、みんなに愛される番組になりますように……!

NEWSファン1年生がはじめて美しいに恋した話。

こんにちは。2015年秋頃ビビットで加藤シゲアキさんを見かけて以来、彼のことをお慕い申し上げております。本格的にNEWSファンを始めたのは、年明けから。私、ピッカピカのNEWSファン一年生です!!そんな私が、なんとなくNEWSのコンサートDVDを手に入れたくて購入したのが『NEWS LIVE TOUR 2012〜美しい恋にするよ〜』だった。



一年生の私が言うは、おこがましいが言わせて欲しい。「少しでもNEWSが気になる人や全国のジャニオタの皆さんに胸を張ってオススメできる。とにかく見て欲しい円盤だ。」と。そんな、美恋のオススメポイントを私なりにご紹介したいと思う。



タイムリープできる。

何がそんなにすごいって、再生した瞬間、4人が此処に戻ってきてくれたあの日あの場所に、自分もいるかのような気持ちにさせてくれる。本当に!!!本当だから!!!不思議な力を持ってるから!!!


チャンカパーナ

ほんの少しチャンカパーナの聴こえ方が変わってくると思う。美恋未視聴の方に、どうやって新鮮さを残したまま観れるようにお伝えすればいいのか分からないけど、チャンカパーナのイントロであんな表情見せられたら………泣くから本当に………ファンの方もNEWSのメンバーもすごくいい表情してるんですよ。普通のコンサートDVDでは、ファンの表情なんてほとんど映らないけど所々収録されてるのは、美恋ならではなんだろうなと思う。



懐かしい曲

一度は聴いたことのある曲の数々、6人時代の楽曲を4人で歌い上げている。今までのNEWSも大切にしていきたいなと思える瞬間が詰まっている。



空の色

時々刻々と変化する背景が、野外ステージの良さ。夕暮れ時からの曲目も絶妙で………どこを切り取っても綺麗な演出のエッセンスと言えるだろう。



フルスイング

思わず、ぎゅっと手を握り締めながら聴いてしまう一曲。私はDVDを見る前から聴いていた曲だったけど、始めから通して見ることでより一層この曲が滲みた…………本当に大切な曲。真っ直ぐに背中を押してくれる曲。



アンコール

この項目は、オマケみたいなもんなんですけどね、加藤シゲアキさんが気になるという、そこのあなた!!!!気をつけたほうがいいですよ。本当に。(∵)


とにかく、百聞は一見に如かずってことで、こんな拙い文章読むより観た方が早い!NEWSの溢れる想いをその目で耳で感じて欲しい。そして、美しいに恋してください。

夢にまで見た、伊野尾慧の建築探訪。その1

いのおさん。
こんにちは。待ちに待った月刊HOUSING、発売されましたね。やっとこさ読みましたので感想を。


雑誌の感想をわざわざ書こうと思ったのは、私が建築学生だからなんですね〜〜〜〜!劣等生なので、専門知識はあまり入っていませんが、語らずにはいられないのでこの場をお借りします!いやあ、建築男子の伊野尾慧をこよなく愛する建築女子いのおマニアにとってこの雑誌たまらんすよ!今すぐ酒持ってこい!宴じゃ〜〜〜!ハッハーーーッ!やだもう!最高!ハッハーーーッ!わたしの中の、パー子も大暴れ!!!『伊野尾慧の建築探訪』ってタイトルがまずエモい!エモーショナル!あのテレビ番組渡辺篤史の建もの探訪を彷彿せる。この番組を見て、建築への興味が湧いた人も多いのではないだろうか。『伊野尾慧の建築探訪』は、あの番組の紙媒体バージョンと言えるだろう。……って考えると、やっぱエモいわあ……はあ…今度は私の中の泣き虫小山くんが涙を流し始めた…ちょっと…だれかハンカチちょーだい……ぅ、うわあーーーーーんんん(情緒不安定)

( 気を取り直して ) この企画の何が凄いって、伊野尾さんの先輩でもある中村拓志さんと対談してることですよね。各方面に才能溢れる人たちを輩出してきた明大建築すばらぁ!!私個人的な話ですが、中村拓志さんの設計された「東急プラザ表参道原宿」が大好きなんですよ。この建築物は、最高ですよ!ええ!(私の無駄話に、しばらくお付き合い下さい。)


何が最高かって、まずこのギラッギラの入り口。f:id:acane052:20160322195628j:image
都会の真ん中に突如現れるこの異空間への入り口!!ナニコレ!!気になる入ってみよう!!って気持ちになる。最高のお客さんホイホイ要素です。

これを通り抜けたら、映画館みたいに暗くてまるで宇宙みたいな空間広がってるんじゃない?って思うでしょ?それが違うんですね!建物の中は、明るくて爽やかな空間が広がってる。そして、木材の優しさも感じられる。季節でいえば、春〜初夏のイメージ。いや〜〜いい裏切り方するよね〜〜〜〜!まったく!

どんどん上に上がっていくと、某コーヒー店ス◯バとそれから屋上テラスが。ここの居心地が最高にいいんだ!都会にいることを忘れてしまう。時の流れが表参道にいる誰よりもゆっくり流れる場所に感じる(私信) 実はここ、知っている方も多いかと思いますが、山下智久くん主演の月9『5→9 〜私に恋したお坊さん〜』のロケ地でもあります。さとみちゃんが、主におにぎり頬張るシーンで度々出てきていますよ!

f:id:acane052:20160325032314j:image

表参道は、ケヤキ並木がずーっと続いていて都会のわりに「自然」のイメージがあるかと思うんですが、その都会と自然の共存というイメージを崩さず、さらに居心地のいい空間を創り上げることに成功しているのではないかと!素人ながら思いますよ!みなさんも是非、この空間体験をして欲しいです。


はあ、なんか無駄話書いただけなのに力尽きちゃったな!無責任ながら一旦ここでお開きにしようと思います〜〜!(なんて自由なブログなんだ)


次回、更新日の目処は立っていませんがHOUSINGで紹介された建物について本誌の内容に+α 豆知識?をご紹介出来たらと思います!



自担プレイリスト 〜伊野尾慧編〜

先に編集後記たるものを記述するのも変かと思いますが、いつだか仲のいいフォロワーさんたちの間で、自担プレイリストなるものを挙げていたのを思い出して、わたしも作ろう!と思い半年以上は経ったでしょうか………ようやく書き上げましたので、世に放とうと思います。( 2016/3/25 AM1:00 )


伊野尾慧くんをすきになって1年と少し。いのおマニア2年生になりました!ジャニーズ以外のアーティストの曲もよく聞く私は、この1年間、ああこの曲彼っぽいな!と思いながら色んな曲を聴いてきました。

そんな曲たちを、ぎゅっと詰め込んだプレイリスト作りました。あまりにも適度な曲の分析と、拙い文章ですがお付き合いくださいませ〜〜!

では、自担プレイリスト再生!ピッ!▷

1.Base Ball Bear / short hair
Base Ball Bear - short hair - YouTube
変わり続ける君を、変わらず見ていたいよ
たくさん失う 時がながれゆく
それでも僕は、君を待ってる
君の短い髪に触れて気付いた
気持ちがすべてだった あの日のこと

男性目線の歌なのに、女性の私が男性の彼を思わず浮かべるこの曲。MVでは、ショートヘアの本田翼ちゃんがふわっとしたワンピースを着て 田舎町の海辺を翔る。ベボベお得意の爽やかな旋律に真っ直ぐな想いが乗せたられたサマーチューン。

「変わり続ける君を、変わらず見ていたいよ」というフレーズは、まさに私の気持ちを表してて。変わらないねとよく言われる彼も、努力して「建築アイドル」という武器を手に入れ、新たなお仕事をさせてもらったり… 目まぐるしく成長し続ける君が遠くに感じたりしたとしても、変わらずに見ていたいなって思いながらこの曲聴いてる。

short hair 伊野尾慧ver.のMV撮って欲しい。


2.スピッツ / ロビンソン

スピッツ / ロビンソン - YouTube

はい、ここで名曲中の名曲の登場です!!独特な表現が散りばめられた歌詞と優しいリズムによって一気に夢の中にいるような気持ちにしてくれるスピッツ様!!!引き込まれるね〜〜不思議と。どの曲も、なんとなく伊野尾くんのイメージに合うなあと思いながら聴いていましたが、あえて一つ選ぶなら私は「ロビンソン」です(実は、ブログのタイトルもロビンソンの歌詞。)

歌詞はもちろんのこと、モノクロなMVといい、だらっと長めのイントロからはじまる感じといい…いのおけいっぽいなって。

新しい季節は なぜかせつない日々で
河原の道を自転車で 走る君を追いかけた
思い出のレコードと 大げさなエピソードを
疲れた肩にぶらさげて 
しかめつら まぶしそうに
次々とお仕事が決まり、どんどんと飛躍していく彼の姿を追いかける。その背中が小さくならないようにくっついて行ってやろうという、キモオタの気持ちを代弁してくれてるフレーズ。
片隅に捨てられて 呼吸をやめない猫も
どこか似ている 抱き上げて
無理やりに頬よせるよ
いつもの交差点で 見上げた丸い窓は
うす汚れてる ぎりぎりの
三日月も僕を見てた
ここの部分だけでも、伊野尾慧で映像化して欲しい!容易に想像できるくらいぴったりなキャスティングだと個人的に思う!なんなら、MV全部伊野尾慧ver.で撮りませんか?(2回目)



好きなものに理由がないのと同じ感じで、この曲をチョイスした理由は特にないです!無責任ですみません!ただ、この曲聴いてたら、ぽっと彼の顔が浮かんだんです!映画の内容と歌詞とを彼と重ねているわけではなくて、ただこの作品たちの儚さや世界観は何となく彼に似てるな、なんて思って挙げました。だから、あえて歌詞は載せません!以上!解散!


4.invitation / 柴咲コウ

あーーーーいのおくんとこんな恋がしたかったーーーー!とこの曲を聴くたびに思うという理由で、この曲をチョイスしました!!!!
みんな前 見てるすきに
ぎゅっと手をひいてほしいんだ
路面電車に乗り どこまで走り抜けよう?
どうせ海岸かそこらあたり
懐しのラムネは「?(はてな)」味でも美味しい
甘いくせに潔くて好き 口の中で
あばれ弾けとぶ カプセルたち
なんにも出来ない僕の気持ちの表れ
胸をきゅっと締め付けるフレーズが散りばめられているこの曲が元々大好きで、毎年夏になると聴いていた。去年からは彼のことを思い浮かべながら聴くようになった。黒髪の伊野尾慧との相性抜群な曲かなと思います。

ちなみに、若かりし頃の窪田正孝くんがMVに出ていますので気になる方はチェックしてみてください。きゅんとする作品になっています!

伊野尾慧ver.のMVも是非作って欲しい。(3回目)

5.最後の雨 / Ms.OOJA

《 注意 》
先にお伝えしておきますと、アイドルの恋愛について考えたくない方は、この項目を飛ばしたほうがいいかもしれません。


中西保志さんの曲ではありますが、アレンジが好きなのでリンクは、Ms.OOJAさんの方にしました。

本気で忘れるくらいなら
泣けるほど愛したりしない
誰かに 盗られるくらいなら
強く抱いて 君を壊したい
本気で忘れるくらいなら
泣けるほど 愛したりしない
さよならを言った唇も
僕のものさ 君を忘れない
明日の君を 救える愛は 僕じゃない
でも このまま 見つめている
言葉に 出来ないのが愛さ
言葉では 君を繋げない
行き場ない 愛がとまらない
傘を捨てて 雨を見上げてた
いのおくんってどんな恋愛をするんだろう?インタビューで好きな女性の服装を聞かれて、目の前にいる人の服装を答える彼は、本当はどんな人を愛するのだろう?と時々考えたりする。彼の恋愛観は、さっぱり掴めない。

ただ、人生に一度大失恋をしてて欲しいなと思う。「強く抱いて 君を壊したい」「行き場ない 愛が止まらない」と思うほど、誰かを愛してて欲しいなあ、って。「愛がなければ、この世界は始まらない。」からね!いのおくん!いい恋しろよ!

みなさん、一度でいいからこの曲の主人公を彼だと思って聴いてみてください。切なくて死ぬよ!!!!本当に!!!!!死ぬよ!!!!!



6.ORION / 中嶋美嘉

 2016/2/6のらじらーにて、今夜あなたを口説きますのコーナーで伊野尾さんが勝利して掛けた曲。個人的にも大好きな曲だったので、嬉しくってプレイリストに追加っ!



以上、自担プレイリスト〜伊野尾慧編〜の6曲でした。プレイリスト、随時更新出来ればしていこうかと思ってます。


みなさんにも、すきな人と重ねて聴く曲ありませんか?思い浮かぶ曲を、リストアップしてみてはいかがでしょうか!

ヒモにしたいジャニーズ10選も思いつかなかったから6選

ヒモにしたいジャニーズ10選をみて、私も考えたくなったので真剣に考えた結果6人だけになってしまったけど悪しからず。そして、本人たちの性格とズレが生じた妄想も含まれていますので、温かい目で見てやってください。


ヒモにしたいジャニーズ6選

6位 知念侑李 (Hey!Say!JUMP)
 キミは今日から僕の財布だよ♡」と言われてから、1年。多くは望まないが、生活の全ては私が賄っている。私より先に外出する事もあれば、土曜日の昼間に出て行くこともある。なんとも不規則な彼の生活…最近、テレビで彼によく似た人を見かけるようになった。顔色ひとつ変えず彼もテレビ画面を見つめているから別人なんだと思うことにした。しかし、先日貯金通帳を発見してしまい貯金額に腰を抜かしてしまった……どこでいつ稼いでいるのか?やはりテレビの人は彼なのか?ヒモになる意味はなんだろう?混乱してきたのでもう考えるのは やめにした。知らない方が、多分幸せなんだと思う。


 お顔が超絶可愛い天使たんなのに、金銭感覚が可愛くない系のヒモ。ゲームしようと言われて付き合ったら、こちらが買ってしまって「やーめた!」と飽き性発揮。もーしょーがないなあ。私に甘えてるんだよね。可愛いな♡ って思って油断してたら可愛くない彼がひょっこり登場するんだよ…ほら…また何やらネットで高そうなもの見てるよ………「ねぇ♡ カルティエの新作が『アーーーーーッ!タマネギが切れちゃってるの!スーパーいかn 「カルティエのさああああ!」
 【 一時間後 】
「ありがとね。これ、すげー欲しかったの!気に入った!淳太に自慢しよ!」『え?淳太?誰それ?まあ、よかったねぇ似合っ「ねぇ、回らない寿司いこ?」ってコラーーー!今度は高級寿司ねだるんかーい!って思ったけど、一番ダメなのは彼のエンジェルスマイルに負けて財布のヒモを緩めることなんだ。そうなんだ……ヒモ森ちゃんには敵わない…あたすの負けだァ。あゝお寿司美味しい……


4位 平野紫耀
 帰宅したら、先日拾った平野ちゃんが居ない。布団の中も押入れの中も探したのに居ない。ひらのちゃんどこ?ひらのちゃんどこ?返事してよ………まさかとは思うけど、ここも念の為見ておこうとドアを開けたら………おったわ。トイレに。「なあ!見て!ミラーボール付けてん!ええやろ!」と満面の笑みでこちらを見てくる彼に怒る気力も無くなった。『( まあいっか、彼が幸せそうやし。) ほんまやなあ〜えらい楽しそうなトイレになったなあ〜〜 さすがやで〜〜よちよちイイコイイコ。』


3位 伊野尾慧 (Hey!Say!JUMP)
 某有名大学の建築学科卒だと言い張る彼(卒業証書も見せてくれた)は、ヒモにならずとも生活出来るんじゃない?って思うでしょう?私もそう思う。ただ、オブジェとして眺めるためにここに置いてる。私から望んでここに連れてきた。毎日魅惑の二重幅を眺められる幸せよ…… なあ…その二重幅何ミリか測らせてくれへん?そして、この透明感……この世の物とは思えない。ありがてぇありがてぇ…(と毎日彼に拝みます。) しかも、そんなにお世話しなくても大丈夫。取り敢えず、白米食べさせておけば「いーの?」\おっけーい!/ 
 まるで猫のような彼は、用のある時だけ甘い声を出してくる。構うと逃げるけど、構わなかったら、そっと側に寄り添う。不思議な人だ。それから、時々何もないところをぼーっと見てる。猫によくある習性だ。あれ?本当に猫?!?!と思って尻尾あるか確認したけど無かった……… でも、昔拾った猫に何処と無く似てるような気がするなあ……


2位 手越祐也 (NEWS)
 予定より早く帰れるから、お寿司買っちゃった♩てごにゃん喜ぶだろうな〜〜♡ ただいまーー!………って、え??その女誰?見たことない女の子連れ込んでる?!?!ってよく見たら、女装した彼だった。「あっお帰り〜♡ ばれちゃった♡ 見て?可愛くない♡?写真撮ろ〜〜♡ハイチーーズ♡」『(や、やめて!!並ばないで!!私のブスが引き立つわ!!)』

最近、やたらと口紅の減りが早いと思ってたんだよなあ〜〜なるほど!そういう事だったか、納得!(……っておい!すんなり納得すんのかい!私!)って考え事している間に、わざとらしく澄ました顔した彼が私のスマホを触っている。覗き込んだら私のTwitterアカウントでさっきの写真ツイートしてるではありませんか!!悪戯が過ぎるわ!!ヒモてごにゃん飼ってるの内緒にしてるのに…周りの人になんで説明したらいいんだよ!!やばいなこれ!!!って思ってたら男友達から「さっきのツイートの女の子だれ?めっちゃかわいいやん!紹介して?」ってLINEがきた。あれ?なんか、大丈夫そう??男ってバレてない?


1位 加藤シゲアキ (NEWS)
 中学から有名私学に通いちゃんと卒業しているが、「俺、作家になるから。」と家を飛び出して「賞を取るまで親に顔合わせらんねえよ。」と意地を張り私の家に転がり込んでいる。知的で、話も面白いし外見のヒモ感は全くないので側から見れば普通の恋人同士だ。しかし、現実はヒモなんだ。未来への投資だと思って養っているけど、けど!早く作家として売れてくれ!!!!!時々、「もう書けないよ…シゲ才能ないよ無理だよ…」って私にだけ弱いところ見せてくる。私だけの私しか知らない超絶可愛いシゲアキちゃん!!!!!『大丈夫だよヨチヨチ。シゲは出来る子♡』ってなだめてるこの時間、幸せだったりするから、もう売れなくてもいっか♡ 


ヒモエピソードを考えている間で、一番幸せを感じた順番に並べた結果、意外にも加藤シゲアキ氏が一位に!!!

は〜〜楽しかった。実際は、ヒモ男なんて飼いたくありませんね〜〜〜 ふざけんじゃないよって話ですよ。なのに、大好きなジャニーズと非現実的な妄想のタッグによって楽しさが生まれる!!!素晴らしい!!!では、このへんで!

最初で最後のラブレター

くすぶるキモチ。 - 誰も触われない 二人だけの国
この記事を綴ってから、ずっと考えていました。やっと私の中で答えが出たので「けじめ」としてお話しさせてください。

結論から言うと、玉森裕太さんの担当を卒業しようと思います。

ここ最近私の中で、少しずつ想いのベクトルが違う方向に進みつつあることに気付いていたけど、気付かないふりをしていました。でも、その気持ちも誤魔化しきれなくなってしまいました。

どうして、この気持ちに気づかないふりをしていたかと言うと、2年間見続けてきた裕太さんとの思い出から離れることが、寂しくてたまらなかったからです。


以前は、キスマイや裕太さんのことを近くで見守って応援していきたい、と思っていました。でも、自分の中でそれ以上に寄り添って応援していきたいと思う人たちの存在がどんどんと大きくなったのです。


だから、寂しくて切なくて、涙が出そうだけど、これからは、裕太さんたちのことを今までより離れたところで見守っていきたいと思っています。


自分の中でこの答えが出た時、ずっとモヤモヤしていた気持ちがすっと晴れました。




裕太さんのくしゃっとした笑顔、優しい話し方、辛い時でも表に出さずにやりきるところ…挙げだしたらキリがないほど好きなところがたくさんありました。

裕太さんを好きになって、初めてジャニーズのコンサートへ行きました。こんなに楽しい世界があるなんて!今までなんで気づかなかったんだろう!と思いました。

裕太さんを知ってから、毎日が本当に楽しくて楽しくて仕方ないです。小さなことで悩むことが無くなりました。悩んでる時間があるなら、好きなことをして忘れようって思えるようになったからです。

血眼になってチケットを掴み、やっとの思いで駆けつけたレインツリーの国の舞台挨拶で壇上に立つ姿を見たときは、心の底から応援してきてよかったなと思いました。そして、とても誇らしかったです。

裕太さんを好きになって、たくさんの素敵な友達に会えました。好きなものを共有できる人がいるって本当に幸せなことだと気づかせてくれてありがとう。裕太さんを通じて仲良くなった友達は、ずっと大切にしていきたい人たちばかりです。


これからも、裕太さんが大好きな人たちに囲まれながら、楽しくお仕事してくれたらいいなと思っています。


玉森裕太さんの担当を卒業します。
2年間、応援してきて良かったです。本当に本当に幸せでした。たくさんの素敵な想い出をありがとう。大好きでした。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。これからは、NEWS 加藤シゲアキくんとHey!Say!JUMP 伊野尾慧くんの二人を全力で応援していきます。

くすぶるキモチ。



エレベーターで耳を真っ赤に染めながら、小っ恥ずかしいことをしている彼をみてジャニオタに舞い戻ってきたのは2年前の話。

キイロの彼を好きになって2年目を迎えてマラソンを完走した気分になっている。

外部舞台で活躍する彼の姿を見ていないし、今までにない役柄を演じている彼の姿も見ていない。直接目を見て、好きです。応援しています。と言うのが密かな夢でもあった。

彼との不完全燃焼な夢(すごく一方的な夢だけど)が幾つもあるのに、炎が消えかけて煙が充満している。

しかし、同時に寂しいという感情が湧き出てきた。自分のおたくベクトルが急に別の方向を指し始めた。寂しいと思うのに、歯止めがきかない。ベクトルの方向を見ると、それはそれは楽しくて。でも…別の方向にいる彼を置いていくことは、私には出来ない。こんな事綴りながら、今も泣きそう。

嫌いになったわけでもないんだから、離れる必要がないのに。

と2年前の私が言ってるのが聞こえてくる。


一度思い悩んだこと( 揺蕩うキモチの終着点。 - 誰も触われない 二人だけの国 ) が、再発してしまったみたいだけど、やっぱり彼は私にとって掛け値なく魅力的だし これからの飛躍する姿も応援したいという気持ちに変わりはない。


でも、最近気づいたことがある。
今まで見てきて好きだと思った過去の彼を見て幸せに浸っているのだ。日々更新されていく、新しい彼も好きなのに変わりはない。どタイプなビジュアルだからずっと見てられる。可愛いしかっこいいし本当に敵わないなあと思う。気付けば、引き込まれるような表情をするようになったし、出来ないと悩んでいた「笑顔の演技」も、自然にできるようになったよね。新しい発見もたくさんある。それでも、私は新しいことを知るよりも少し遡って過去の彼に浸ってしまう。

それから、前までは「絞り込まないといけないのかな」と思っていたけど、今は「絞り込みたいな」って考えてる。無意識に。「担降り」以外の「掛け持ち」「担当制度放棄=DDになる」という選択肢で今までは迷っていたはずなのに。


こんな気持ちになるのは多分、多くの時間と熱量をかけて愛情を注いでいた自分と今の自分を比べてしまうからなんだと思う。今の自分なりの愛し方で愛していけば良いのかな。


自分のことを客観視すれば、100人中80人は、「担降り」という言葉が腑に落ちる状況なのだろうと思う。なのに、彼がドラマに出れば毎週楽しみでドキドキするし、映画に出るなら間違いなく劇場に駆けつけるし、舞台で舞うなら片時も目を離さずに見つめると思う。

くすぶ・る【×燻ぶる】[動ラ五(四)]1 物がよく燃えないで、煙ばかりを出す。「生木が―・る」「焼け跡が―・る」          

今の気持ちを表すと「くすぶる」という言葉が合うと思う。燃えきらずに残った未練と、立ち込める煙が苦しい。