読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12月24日に、好きな人ができました。


12月24日のうちに、どうしても話したい事あってつらつらとブログを綴ります。私がなぜHey!Say!JUMPの伊野尾慧くんを応援するようになったのか…


2014年12月24日(1年前のクリスマスイブ)

今日で年内の授業は終わり。昼まで頑張れば冬休みが始まる。お昼は、ピザを頼んで学校でクリスマスパーティ。その後は、仲良しの友達と美味しいお店でクリスマスディナー。久々にクリスマス楽しんだなー!今日はええ日やったわほんまに!と その日1日の出来事を、SNSに綴りながら振り返る。

帰宅した私は、「リトルトーキョーライブ」を見るために 寝る用意を急いで済ませテレビの前に座りました。ジャニーズWESTとHey!Say!JUMPがディズニーシーで中継をする。キスマイもここにいればなあ〜と夢をみつつも、ジャニーズとディズニーの夢のようなコラボレーションには、やはり胸が高鳴りました。

この頃ジャニーズWESTの重岡くんが気になる存在だったので、番組中自然と目で追うのはHey!Say!JUMPのみんなよりもジャニーズWESTのみんなでした。

…しかし、私はこの番組がきっかけで、Hey!Say!JUMPの伊野尾慧くんに落ちたのです。

伊野尾くんのもーそーライブで、私は彼が建築学生だったということを知りました。

はじめは、アイドルが建築学科を卒業しているのが想像つきませんでした。しかも、ストレートで卒業したなんてあり得ない…… そう思ったのは、私自身が建築学生だからです。

芸能人でもなんでもない大学生でも計画的に課題をこなす事は困難で、限られた時間の中で設計案を考え形にしていくのには精神力も時間も削られます。提出前に徹夜で作業することも多々あります。気を抜いたらストレートで卒業することは難しいことです。

ところが、彼はアイドルと建築学生の両立をやってのけたと言うから本当に驚きました。

彼のことを知れば知るほど、好きになっていきました。彼の知性が垣間見れる独特な発言や、夢が詰まってる涙袋、大きな目も白い肌にも惹かれていって、瞬く間に目が離せない存在になっていました。

2015年1月8日

伊野尾くんの舞台の主演が決まったということを知った瞬間、心の底から嬉しくて鳥肌が立ちました。この舞台へ行きたい、一目でも見たい…でも、最近彼のことを意識し始めた私が行ってもいいのかな… こんなに中途半端なやつがファンクラブに入ってもいいのかな…という思いがあって、郵便局へ向かいかけた足を止めてしまいました。   

私は、以前からKis-My-Ft2玉森裕太くんを応援していました。二人を同時に応援するという考えが自分には有りませんでした。今まで他人事だと思っていた『掛け持ち』という問題にぶち当たったのです。正直、自分が掛け持ちをするなんて…想像が出来ませんでした。元々、DD気質なのでキスマイ以外のグループの子を可愛い!かっこいい!と騒ぎ立てるのは私の中で日常茶飯事でしたが、出る番組をチェックして新しいお仕事が来たら一緒になって喜んで涙するのは玉森くんだけでした。コンサートがあったら足を運んで一目でも見たい。そんな希望を叶えるための原動力が自然とわいてくるのは、玉森くんだけだと思っていました。

でも、そう思える人がもう一人いるという事に気づいて正直戸惑いました。




2015年3月23日

この日、私にとっては忘れられない日になりました。伊野尾くんを応援すると決めたきっかけがあったのです。

某元太担と会うため、京都へ行きました。芸能神社に行ってジュニアの名前を見つけてまるで林家パー子かの様にハイテンションで写真に収めたり、永遠と自担が可愛いと誉めちぎりながら王道の観光スポットを巡ったりと京都を満喫していました。
夕方ごろ、縁切り縁結びで有名な『安井金毘羅宮』へ行きました。願い事を札に書いて、縁切り縁結び碑を潜り抜けると願いが叶うと言われているということで、わたしたちもお願い事を書きました。恋愛関係の事を書くのも気が乗らず、「みんなが幸せでありますように。」という縁に関係のない願い事を(笑)f:id:acane052:20151223235051j:image

某元太担のお友達とわかれた後、ツイッターを見ると「Hey!Say!JUMPツアー決定!」の文字が。嬉しくて思わず頬が緩みました。縁結びの神社に行ってすぐツアーが決まるなんて……


きっと、これが私にとって良縁なんだ…!(単純)このタイミングで応援し始めなかったら絶対後悔する!


決めた!!伊野尾くんを応援しよう!!


次の日には、FCに入るために郵便局へ走っていました。伊野尾くんに会う約束をしにいく気分でした。とにかく、清々しい気持ちでいっぱいで、今までうじうじしていたのが嘘みたいでした。伊野尾くんを応援できることが、嬉しくて楽しくて幸せ!!そう思いました。(もちろん現在進行形で!!!)


2015年4月

伊野尾くんを応援するからと言って、Hey!Say!JUMPを丸ごと応援する。Kis-My-Ft2とHey!Say!JUMPの掛け持ちをしていく。というのは、自分の中でいまいちピンときていませんでした。他のメンバーの事は伊野尾くん以上に知らないことだらけだし、今までほぼ同世代のHey!Say!JUMPを応援する事があるなんて1ミリも思っていなかったからです。

お休みの日に、おもむろに過去の雑誌を見返していると、袋綴じを開けていない山田くんの一万字を発見しました。

「伊野尾くんを応援するからと言って、Hey!Say!JUMPを丸ごと応援する というのは自分の中でいまいちピンときていませんでした。」とは、言いましたが、好きな人の好きな人たちは、愛していきたい、知りたい。という思いがあったので、封を開けて読み始めました。


ぼろぼろ泣きながら読み終え、真っ先に思ったことがありました。

「Hey!Say!JUMPのメンバーの事を見守っていきたい。」 と。

辛いことをたくさん乗り越えて、メンバー同士何度もぶつかり合ってやってきた9人がすごく愛おしくてたまらくなりました。

これが、わたしのスウィートアンサーなんだと気付かせてくれた山田くん本当に有難う!


1年弱、Hey!Say!JUMPを見てきて、思い切ってHey!Say!JUMPの船に乗り込んで本当によかったと心の底から思っています。24時間テレビのメインパーソナリティーに抜擢されたり、各々の活動が飛躍的に増えたこの1年間を一緒に過ごせたのは本当に幸せなことだと思います。

伊野尾慧くんを好きになってよかった。Hey!Say!JUMPを好きになってよかった。

Hey!Say!JUMPを応援し始めてから、今まで以上に毎日が楽しくて、楽しくてしたかないです!


これからも、大好きなみんなのこと応援させてね!!