読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最初で最後のラブレター

くすぶるキモチ。 - 誰も触われない 二人だけの国
この記事を綴ってから、ずっと考えていました。やっと私の中で答えが出たので「けじめ」としてお話しさせてください。

結論から言うと、玉森裕太さんの担当を卒業しようと思います。

ここ最近私の中で、少しずつ想いのベクトルが違う方向に進みつつあることに気付いていたけど、気付かないふりをしていました。でも、その気持ちも誤魔化しきれなくなってしまいました。

どうして、この気持ちに気づかないふりをしていたかと言うと、2年間見続けてきた裕太さんとの思い出から離れることが、寂しくてたまらなかったからです。


以前は、キスマイや裕太さんのことを近くで見守って応援していきたい、と思っていました。でも、自分の中でそれ以上に寄り添って応援していきたいと思う人たちの存在がどんどんと大きくなったのです。


だから、寂しくて切なくて、涙が出そうだけど、これからは、裕太さんたちのことを今までより離れたところで見守っていきたいと思っています。


自分の中でこの答えが出た時、ずっとモヤモヤしていた気持ちがすっと晴れました。




裕太さんのくしゃっとした笑顔、優しい話し方、辛い時でも表に出さずにやりきるところ…挙げだしたらキリがないほど好きなところがたくさんありました。

裕太さんを好きになって、初めてジャニーズのコンサートへ行きました。こんなに楽しい世界があるなんて!今までなんで気づかなかったんだろう!と思いました。

裕太さんを知ってから、毎日が本当に楽しくて楽しくて仕方ないです。小さなことで悩むことが無くなりました。悩んでる時間があるなら、好きなことをして忘れようって思えるようになったからです。

血眼になってチケットを掴み、やっとの思いで駆けつけたレインツリーの国の舞台挨拶で壇上に立つ姿を見たときは、心の底から応援してきてよかったなと思いました。そして、とても誇らしかったです。

裕太さんを好きになって、たくさんの素敵な友達に会えました。好きなものを共有できる人がいるって本当に幸せなことだと気づかせてくれてありがとう。裕太さんを通じて仲良くなった友達は、ずっと大切にしていきたい人たちばかりです。


これからも、裕太さんが大好きな人たちに囲まれながら、楽しくお仕事してくれたらいいなと思っています。


玉森裕太さんの担当を卒業します。
2年間、応援してきて良かったです。本当に本当に幸せでした。たくさんの素敵な想い出をありがとう。大好きでした。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。これからは、NEWS 加藤シゲアキくんとHey!Say!JUMP 伊野尾慧くんの二人を全力で応援していきます。